水引について
         

水引の歴史  水引の種類と特徴  水引と色  社会制度と水引  結びの持つ意味  和紙の使いよう

水引作品集



水引の歴史

水引を贈答品にかける風習がいつ頃から始まったのかは、はっきりとはわかりませんが、
お祝いの品にかけたり結び方がいろいろ考えられて盛んになったのは、
室町時代から江戸時代にかけて日本独特の文化が興隆し、
礼儀作法が確立されたことのようです。

水引という言葉を辞書で見ますと、
「細い紙縒に水糊を引いて乾かし固めたのも」(広辞苑)と書いてありますから、
水引という名称は作り方から名前がつけられたようです。

水引の起源は一説にはインドの釈尊が仏事に用いたことからと言われ、
日本には遣隋使の小野妹子が帰国の折り、
一緒に来た隋の使者からの献上品に紅白に染め分けた麻糸がかけられていたことに
端を発し、それ以来宮中への献上品や貴族の間で、
紅白の紐をかける習慣になったということです。
当時の日本の政治、文化が中国大陸の影響を受けていたのですから、
水引もその一例であったのでしょう。

このように、あまりはっきりした由来はわかりませんが、
こうした習慣がしだいに民間に広まっていったようです。
また、はじめのうちは、麻糸を使用していたのですが、やがて綿糸となり、
こよりに糊をつけたもの−水引−と形が定まっていきます。
また、昔の紙の生産地では、必ず水引が作られていたということを聞きますから、
紙の発達とも大きな関係があったと考えられます

礼儀作法の確立、紙の発達、文化交流の中で、各地で水引の習慣が広まり、
結び方も変化し、数々の飾り物が生まれていったと言えるでしょう。

私が水引手芸を教わった昭和十五年ごろは各地でもさかんに水引手芸の作品が作られ、
教授する先生によって流派もでき、結びの名前や形もさまざまのものがありました。
戦後は祝儀袋などはすっかり簡略化され、いっぱんには印刷のものが普及して
各家庭で水引を結ぶという風習も見られなくなりましたが、
現在でも結納品、正月用品に、また豪華な水引手芸の飾り物として
各地で地方地方の特色を生かしながら伝統が守られています。



▲このページの先頭へ
水引の種類と特徴
水引は生産地によって多少の違いがありますが、細い紙を縒ってこよりにし、
海草と白土を練り混ぜたものによく浸してから天日でかわかし、
色を染め付けて必要な長さに切って作られます。

このように、昔から各地で家内工業的な生産方式がとられていたため、
生産地によって画一的ではなく、完全に工業化されずに一本一本に
手仕事によるところによさが感じられます。

水引の生産地としては、長野県飯田市がもっとも有名で、関西では愛媛、福井県大野市などがあげまれますが、そのほか北海道や九州でも作られていると聞いています。

種類
紙巻水引   
一般的にいう水引のことで、美しく染め付けられています。
色も豊富で紅、白、黄、ひわ色、今、紫、桃色など三十色ほどあります。
金銀水引
金銀の細い紙が巻いてある水引で、紙巻水引とは区別して「金銀」と呼ばれています。
水引の中でも代表的な種類です。
中央から金銀にわかれているものと、惣金、惣銀といって全部金または銀のものがあります。
作品を作るときには惣金、惣銀のほうがよいでしょう。
(双金、双銀という文字を用いることもある。)
特光水引

アルミ箔のようなものが巻いてある水引で、よく光り、細工をしてもはげたり、
折れたりすることも少なく、作品がかっちりと仕上がります。
また、色も褪せませんから長く楽しめますが、
慣れないうちは少しかたいので扱いにくい点もあります。
金銀のほかには各色の色特光があります。メタリックな光に特徴があります。

絹巻き水引

紙の変わりに人造絹糸を巻いたもので各色あります。
美しく、扱いやすく結び直しもでき、最高の水引です。
少し高価なのが難点です。




▲このページの先頭へ
長さについて
地方によって長さもさまざまですが、昔は三尺水引といったものが
現在では30号90cm丈、二尺五寸が25号75cm丈、
二尺が20号60cm丈となっています。
左右に染め分けられている水引には90cm丈以上のものもありますが、
細工をするには90cm丈のものが、一番扱いやすいようです。



太さについて
細巻きから太巻きまで、これも生産地によってさまざまですが、
一般的には直径1mmくらいのものが使われています。




▲このページの先頭へ
水引と色

現在では、さまざまな色の水引が使われていますが、水引には結びの形だけでなく、
色にも意味がありました。
初めの頃の水引は、白一色だったようですが、
これには神聖で汚れのない、という意味がありました。
赤は魔除けの色です。
お祝い事に“魔”が来ないようにという願いを込めて、
白と組み合わせて使われるようになりました。
弔事では、黒と白の組み合わせです。
黒は黄泉の国の色、白は死者の魂をあらわしています。

これらの色の意味は、古代中国の思想である陰陽五行を象徴したものです。
世界に存在するものを“木・火・土・金・水”から成り立っているとするもので、
日本の生活文化にも大きな影響を与えてきました。
その五行は、方位や色に例えられ、東は春を表し、青(緑)は万物成長を、
西は秋で、白(うす桃)は正しい判断(義)、
南は夏で、赤は万物繁栄を、北は冬で、
黒(紫)はすべてが極まり、幽玄で真心ともなる、
中央は黄色で最高に高貴であるという意味を表します。

いずれも魔除けの意味があり、相撲の土俵の上にある吊り屋根の水引幕についている
房にも見られます。

しかし、最近では,水引に使われる色は数百種類もあり、
好みでいろいろ楽しめるようになっています。



▲このページの先頭へ
社会制度と水引

贈答品にかける水引は、礼法の折り紙の発展とともに発達、成熟していきました。
日本で礼法の概念が明確にされたのは、武家社会になってからのことです。
自分を正しく律して、真心を込めて相手を敬い奉仕する。
こうした気持ちを口にするのではなく、形に置き換えて相手に伝えることが、
その基本的な考え方でした。

鎌倉時代の武家社会では、物品を和紙で包み、紙縒で結んでとめて贈ることが、
すでに礼儀作法のひとつとして成立していました。
紙は非常に貴重なものでしたから、その紙で包むと霊が吹き込まれるという意味もあり、
さらにそれを結ぶ水引の形で贈り物の意味を伝えたものです。
もう1つには、゛封印する ”という役割を兼ねており、
結び直しのきかない和紙製の紙縒(水引)をつかうようになったのです。

封建的身分制度を基礎とする上下関係が固定化するとともに、
道徳的観念も強まり、それまでの宮中や貴族社会のしきたりとは異なる
武家社会のなかの約束事、決まり事が徐々に整えられ、
礼節を基本とする独自の礼儀作法が確立していきました。

三大将軍足利義満のとき、室町幕府は殿中の礼法として、伊勢流に礼法を確立させました。
この時代、小笠原流(弓馬の礼法が中心)、細川流、今川流など、
さまざまな武家礼法が成立しています。
『貞丈雑記』(伊勢流伊勢貞丈著)に、
「・・・・・・鎌倉将軍頼朝卿より武家の威勢強く、公家には公家の礼法を守り,
武家には武家の礼あり、京都将軍義満公のときにいたりてことごとく
武家の礼法を守ることにぞなりける・・・・・・」とあります。
そしてこれらの武家の礼法のなかで、贈答物の包み方、
水引の結び方なでも細かく定められ、
後には広く人々の生活の中で伝えられていくことになるのです。

戦乱に明け暮れた世の中が安定し、徳川政権下で平穏な時代が続くと、
武家社会の形骸化が進み、礼法もその元となった精神よりも
形式を重んじるようになっていきました。
やがてその礼法は、町方にも普及していきます。
その理由の一つには、経済力によって武家と互する力を蓄えた町人階級が、
“礼儀作法 ”という一種の格式を求めたのでしょう。
そうした動きに諸藩の浪人や礼法の素養のある御家人が、礼法指南を職業とし始めました。
どの流派も御とめ流として一子相伝、本来外には教えないものなので,
町人階級に教える場合には、少しずつ紙の折り方を変えたり、
結びの手先の動きを変化させたりして伝授したので、
多種多様な折り紙や結びが作られることとなったようです。
それはまた、町人文化と相まって、より華やかに美しくなっていきました。


江戸時代には、水引をつくり、それを結ぶことを生業とする水引師が
職業としてすでにあったようで、『人倫訓豪図彙』六にその図が見られます。

明治になると、女子師範学校、華族女学校などができましたが、
その学校でお作法として徳川家の礼法、つまり小笠原流が取り入れられ、
女性必修の教養として折り紙、水引結びが伝承されていくことになりました。


大正から昭和にかけては、『獨習自在 禮式折紙水引結』(西田虎一著)や
『日常作法 折紙と水引』(大妻コタカ著 −大妻女子大学の祖)などの
女学生向けの折り紙、水引の本も出版されています。
この時代には、社会的に水引結びが重視され、
現在に負けないぐらいの色彩豊かな水引が多種ありました。
また、結びの形にも工夫がなされ、
今見る結びの多くがこの時代までに完成したと思われます。

明治から戦前までが一番水引結びが発展した華やかな時代だったと思われます。
この時代、女の子は、先生を家にお招きして、
お茶、お花、舞、謡、作法などの稽古事を習ったわけですが、
水引もその中のひとつとして、じっくりと時間をかけて習得したようです。
京秀も十四歳頃より他のお稽古事と一緒に水引を習ったのですが、
京秀の育った越前敦賀は、とくに水引結びが盛んな地で、折り紙につける結びの形が用途別に
細かくあるだけでなく、花、鶴亀縁起物、高砂の人形、海老などの立体的な細工物が
、冠婚葬祭をはじめとする生活の中で使われていました。
結びはじめがどこなのか、またどのように結び、形にしていったのか
わからないような工芸品が、現在でも数多く残っています。



▲このページの先頭へ
結びの持つ意味

結びには、水引に限らず古来より人々は願いや思い、祈りをこめてきました。

「秘すれば花、秘せずは花なるべからず」
これは室町時代の能役者・世阿弥の『風姿花伝』のなかの言葉ですが、
あからさまにいわないで相手に感じとってもらう、
そこに日本人独特の美意識があるといっているのだと思います。
このように日本人は以心伝心、目は口ほどにとか、微妙で、美的で、
奥深い他人とのかかわり方をよしとしてきました。


水引を結んで贈り物につけてさしあげるときには、
思いを結びの形にして先様に心を伝えているのです。
感謝の気持ちを形にした感謝結びだったり、秘めた思いを使える思い結びだったり、
仏前に供えたり、神前に奉納したりする場合の結びには、
それぞれの祈りの結び、願いの結び形です。
結びは神仏とのコミュニケーションの手段、手法にもなるのです。


また、水引は、物品を贈り、思いを伝えた時点でその役割を終えます。
その後は解いたり、神社に奉納して焚き上げたりするため、
後に残し保存することはあまりありません。
消えてしまう,なくなることを前提としたひとときの存在としての美しさもまた、
水引にはあります。


戦後は、外国から入ってきた華やかなリボンに
すっかり贈答の主役をとられてしまいましたが、
今また、少しずつ、白い紙で包み、水引できりりと結んだ美しさ、
折り目正しさに心引かれる方々も増えているようです。
また、縁起物としての正月飾り、お守り、根付、床飾り、
日常生活の中でもお祝袋、箸置きなど水引のもつ線の美しさ、
結びの不思議と楽しさを感じている方も多いと思います。


水引は、長い年月の中で、その形が繰り返し使われ、
その時代、時代に人々の生活の中で活かされ、新しい形を生み出し、洗練されて、
美しい形にまで高められたのもです。
そして、次代に伝えるべき、日本人の美しい心の表現であり、
美しいコミュニケーション文化でもあるのです。



▲このページの先頭へ
和紙の使いよう

洋紙が木質繊維を化学処理し、分離し、
機械で画一的に抄紙したものであるのに対し、
和紙は長くて丈夫な靭皮繊維を原料として、
ネリを使って繊維を十分に絡み合わせて抄造されます。
したがって、丈夫で長持ちし、手荒に扱っても破れにくく、
繊維に沿って立てに裂くことができます。
細かく裂いた紙を縒って紙縒にすればさらに丈夫になります。
つまり、紙縒に手を加えて美しくした水引は長くて丈夫な靭皮繊維を原料とする
和紙ならではの使いようだといえます。


紙縒は当初、書き物をした際の反古紙を使い、
その端を細く切って縒ったもので、
書き物を綴じたりくくったりするのに用いられていたと考えられます。
そして、より強いもの、より美しいもの、より長いものが求められるようになり、
やがては専門的に製造されるようになり、商品化していったのではないでしょうか。


江戸時代になると、水引は、髪を結う元結としても使われました。
『江戸結髪史』のなかには、太宰春台の『独語』の文章を引用して、
元結について次のように書かれています。


「・・・・・・寛永(1624〜1644)のころまでは
女性は細い麻紐をもって髪を束ねており、ただそれを隠すために、
その上に黒い絹を巻いた程度の装飾を施すという簡単なものであった。
やがて紙を捻ったり、または細く畳んで結ぶ風習が起こったが、
越前の国で元結(水引)を発明し売り出して以後、
これが全国に広まり、既成の元結(水引)で髪を結う風俗が一般化し、
それより絹にてまくことやみぬ・・・・・・」


水引の丈夫さ、結びがゆるんでこないという点が好まれたのでしょう。

福井県では、戦前まで水引が製造されていましたが、
今では紙漉が盛んであるにもかかわらず、水引は製造されていません。
現在、水引の産地といえば、四国の伊予三島をはじめ、長野県飯田、京都などです。



▲このページの先頭へ
作品集  

竜神

来福(七福神)

胡蝶の舞(コチョウラン)

大海原(宝船)

枯れ木に花を(花咲じじい)

かぐや姫

長寿の祝い(鶴・亀)

御所車(ひょうたん・松)
Copyright(C)2003 Tokyo Mizuhiki Geijyutu Gakuin. All rights reserved.
当サイトの画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。










inserted by FC2 system